牧大晃の出身中学校や小学校はどこ?高校時代のエピソード調査!

身長210㎝と驚くほどの高さを誇るバレーボール選手の牧大晃さん。

いったいいつから身長が高かったのか気になるのではないでしょうか。

今回は高松工芸高校出身の牧大晃選手の

  • 出身小学校
  • 出身中学校
  • 高校卒業後の進路

これらについて調査してみました。

目次

牧ひろあきの出身中学校はどこ?

牧選手の出身小学校については情報がなくわかりませんでした。

小学校の頃から牧選手はバレーボールをやっていたのかと思っていましたが、実際はそうでなく小1からサッカーをやっていました。

本人が話していたのは幼稚園の頃からすでに身長が高かったとのことでした。

サッカーは激しくぶつかるスポーツですので、もともと性格が温厚だった牧選手はそれが苦手だったそうです。

勝負の世界でやさしすぎるのはどちらかというとマイナスになってしまうかもしれないですね。

牧大晃の出身中学校はどこ?

牧大晃選手の出身中学校は高松市の香東(こうとう)中学校と桜町中学校になります。

出身中学校が2つあるのには理由があります。

中学生になってバレーを始めた牧選手でしたが、当初在籍していた香東中学校には男子バレー部がなかったので、女子バレー部に交じって練習をしていました。

そうしたことから中学校3年生になると牧選手は、同じ高松市内の桜町中学校に転校したのです。

牧選手は中学2年生の時にはすでに202㎝にまで身長が伸びていました。

桜町中学校で出場した全国大会では最優秀選手に選ばれたこともあるんです。

牧大晃の高松工芸高校時代エピソード

牧大晃選手は高松工芸高校時代に東京オリンピックの聖火ランナーとして高松市内を走っています。

ただ身長が高いということで選ばれたのではなく、バレーボールプレーヤーとしての活躍が認められて聖火ランナーに選出されたようです。

牧選手の人柄も朗らかで誰からも好かれる性格であることも理由の一つかもしれないですね。

牧大晃の 大学はどこ?

2022年1月現在では大学へ進学するのかプロチームへ進むのかわかっていません。

ちなみに男子バレーボールの強豪大学ベスト3は次の大学になります。

早稲田大学

中央大学

東海大学

これらの強豪大学からの誘いはおそらく牧選手にも来ているものと思われます。

ひょっとするといきなり海外のプロ選手への道を歩んだりするかもしれないですね。

バレーボール選手として強力な武器である高身長を手にした牧選手のご両親や家族も背が高いのか気になりますね。

ご両親や家族についてはこちらの記事をご覧ください。

目次
閉じる