ふたご座流星群2021福岡の方角や見頃のピークは?おすすめ場所はどこ?

ふたご座流星群はしぶんぎ座流星群、ペルセウス流星群とならび「3大流星群」のひとつなんです。

天体好きでなくても2021年の締めくくりとしてぜひとも見たいと考えている方も多いと思います。

今回は福岡県でふたご流星群が見れる方角やピーク、さらにはおすすめ場所についてまとめてみました。

目次

双子流星群2021が福岡で見れる方角

福岡県在住の方がふたご座流星群を見るにはどの方角がいいのか気になると思います。

結論からいうとどの方角でもふたご流星群は見られるということになります。

ただ少しだけ注意していただきたいことがありそれは、周囲の明かりが少ない場所を選んでいただけると肉眼でも見えるようです。

周りが明るいとどうしても夜空をかける流星群の姿が見えずらくなってしまいます。

昔から流れ星に願いをいうと叶うということを聞いたことがありますので、見られる前にしっかり願い事を用意しておかれた方がいいと思います。

双子座流星群が福岡での見頃のピークはいつ?

双子座流星群が福岡で見れるピークはいつなのかわからないと、いつ空を眺めればいいのかわからないですよね。

ふたご座流星群の見頃のピークは2回あって、13日(月)~15日(水)にかけてになります。

13日(月)宵~14日(火)明け方

14日(火)宵~15日(水)明け方

両日とも午前2時ごろまでは月明りが空を照らしているため、見やすいのはそれ以降かた明け方がいいようです。

かなり冷え込む時間帯ですので、体調がすぐれない方は無理しない方がいいと思います。

また、早起きして双子流星群を見る方も風邪ひかないようにしてくださいね。

ふたご座流星群2021を見るのに福岡でのおすすめ場所はどこ?

星空をきれいに見るにはいくつかの条件が揃っていることが重要です。

  1. 標高が高いこと
  2. 気温と湿度が低いこと
  3. 空気が澄んでいること
  4. 周辺の明かりがないところ

そうした条件に見合う場所として次の場所をご紹介します。

星の文化館(星野村)

福岡県八女市にある星の文化館。

その名前の通り空気が澄んでいて夜空の星がまるで降り注ぐかのようにきれいに見れる場所です。

米の山展望台

米の山展望台は福岡では夜景スポットとしても人気があります。

とてもロマンチックな場所で、澄んだ空に浮かぶ星がぎっしり詰め込まれた宝石箱みたいに見えます。

愛宕神社

市街地を一望できるほど高台にある神社で、福岡最古の神社でもありパワースポットとしても有名です。

夜景スポットとして人気がありますから、きっと夜空のふたご流星群もまぶしいくらいに見れるのではないでしょうか。

ふたご流星群を見るのに北海道でのおすすめ場所が気になる方は、こちらの記事をご覧ください。

目次
閉じる