達孝太の両親(父親・母親)などの家族構成!兄弟についても!

達孝太(たつ こうた)選手は身長193㎝と野球選手だけでなく、スポーツ選手として誰もが憧れる体格をされています。

体形は遺伝ということも考えられますので、両親はどんな人なのかと気になる方もいるのではないでしょうか。

この記事では達こうた選手の父親・母親・兄弟などの家族構成についてまとめてみました。

目次

たつこうたのプロフィール

まずは簡単に達こうた選手のプロフィールについてご紹介していきます。

  • 名前:達孝太(たつ こうた)
  • 生年月日:2004年3月27日
  • 身長:193㎝
  • 体重:85kg
  • 血液型:B型
  • 投打:右投げ右打ち
  • 50m走:6.8秒
  • 遠投:110m
  • 出身地:大阪府堺市
  • 出身小学校:堺市立浜寺昭和小学校
  • 出身中学校:堺市立浜寺南中学校

たつ孝太選手は小学校4年生から高石スワローズで野球を始めたのですが、最初はピッチャーでなくキャッチャーだったようです。

ちなみに達選手は小学校6年生の時にすでに身長が177㎝ありました。

キャッチャーが大きいとピッチャーは投げやすいということもありますので、高身長だった達選手を捕手に抜擢されていたのかもしれません。

中学に入ると泉州阪堺ボーイズに所属し、ここでキャッチャーからピッチャーへ転校することになりました。

ピッチャーというポジションはとても繊細なんですね。

達選手は中学時代から爪のケアをするためにネイルサロンに通っているそうです。

達孝太の家族構成

  • 父親
  • 母親
  • 弟2人

達孝太選手の家族構成は両親(父親・母親)、達選手と2人の弟の5人家族になります。

父親の等さんは仕事の都合で東京都大阪を行ったり来たりする生活を送られているようです。

お父さんが野球をやっていたかはわかりませんが、野球が好きなのは間違いないような気がします。

またお母さんは家族の中で唯一の女性なので、かなり炊事に家事に忙しい日々を送られているのではないでしょうか。

たつこうたの両親(父親・母親)はどんな人

両親の名前

  • 父親:達 等(ひとし)44才(2021年現在)
  • 母親:達るみ

達孝太の父親はこんな人

気になるお父さんの身長ですが、お父さんが173㎝で平均的な身長でした。

息子である達孝太選手の将来に大きな期待を寄せる父親の等さんは、2021年1月にラプソードを購入されました。

youtube動画に元プロ野球選手の前田幸長さんがラプソードを使っていますので参考に見てみてください。

ラプソードはボールの速度だけでなく、回転量や回転軸などを3Dで分析ができメジャーリーグのダルビッシュ選手も使っています。

もっと詳しく知りたい方はこちらのサイトをご覧ください。→ラプソード

よくボールのキレがいいなどといった表現をされますが、それがラプソードを使うことで視覚的にわかるようになるみたいですね。

達選手のたっての希望で購入したらしいのですが、その値段は驚くことに80万円もするんです。

達選手には出世払いといっているそうですが、それにしてもスゴイお父さんだと思いませんか。

達孝太の母親はどんな人

達選手の母親はるみさんの身長は160㎝の前半です。

達選手の高身長の理由の一つには母るみさんが作っていた離乳食にあるかもしれません。

はるみさんは離乳食に煮干しをすり鉢で粉々にしたものを混ぜて、達選手に食べさせていたそうなのです。

そのお陰でしっかりした骨格(土台)ができあがり、すくすく成長していったのかもしれないですね。

高校に入ってから達選手は毎日朝昼は白米を700g、夜は1kgも食べていたそうですので、そうした食べる努力も大きな体を作る要因となっていました。

そして寝る子は育つというように達選手は小さい頃、1日12時間も寝ていたそうなのです。

このように小さい頃から土台をしっかり作られたことが、達選手の高身長に繋がったのかもしれません。

達こうたに兄弟はいるのか?

達孝太選手には2人の弟がいます。

弟の名前

  • 弟(次男):冴介くん14才(2021年時点)
  • 弟(三男):郁丸くん10才(2021年時点)

お父さんが仕事の関係で自宅にいないことがあったため、高校入学までは三男の郁丸くんを習い事に連れていく役目をしていたそうです。

習い事の場所は自宅から距離があったため、郁丸くんの送迎は自転車で行っていました。

達選手が高校入学してからは次男の冴介くんにその役目を託していかれました。

そして達選手は160キロのボールを投げれるようになることを母るみさんに約束されたのだそうです。

達選手のこうしたやさしく気遣いができるのは、きっとご両親の育て方によるものだと思います。

野球だけでなくこうした家庭の役目を率先して引き受けることで、しっかりした精神が宿っていくのかもしれませんね。

目次
閉じる