高須大雅の身長・体重などのwiki風プロフィール!長身は遺伝だった?

静岡高校のエースである高須大雅(たかす ひろまさ)選手。

長身から投げ下ろす躍動感あふれる投球にプロも注目しています。

今回は高須選手の

  • プロフィール
  • 身長
  • 体重
  • 両親

についてまとめてみました。

目次

高須ひろまさのwiki風プロフィール

  • 名前:高須大雅(たかす ひろまさ)
  • 生年月日:不明
  • 身長:191㎝
  • 体重:73kg
  • 出身地:静岡県磐田市
  • 投打:右投げ右打ち

青葉小学校時代から軟式野球を始めて、磐田中学校へ進学してからも軟式野球部で野球を続けました。

そうした中、小学校6年生で中日Jrチーム入りを果たしています。

中日jrにはわずか16名しか参加できないため、当時から野球の実力が認められていたのではないでしょうか。

静岡高校では1年生から背番号1を託されるなど、周りの期待はかなりのもののようです。

192㎝の長身から投げ下ろす146キロの直球には角度があり、スライダーなどの変化球とのコンビネーションは魅力的だといわれています。

高須選手の名前については、大きな人間に育ってほしいという両親の想いと、「雅」という文字が好きだったから大雅という名前にされたようです。

2021年高校野球静岡大会では37イニング無失点で、防御率は驚異の0.00です。

つまり全試合を通して1点も相手に与えていないことになるわけですからどれだけすごい投手かがわかりますね。

高須大雅の高身長はいつから?

高須選手が高身長なのは両親からの遺伝かもしれません。

人によって伸びる時期はまちまちですが、高須選手のように高校に入ってから伸びる選手はあまりいないようです。

高須選手の身長の推移を見てみましょう。

身長の推移

  • 小学6年で158㎝
  • 中学3年で185㎝
  • 高校3年で192㎝

母親の理恵さんによると身長を伸ばすために牛乳を飲ませたりとか、特別なことは何もしていないといわれていました。

もともと骨格がしっかりしていたから高身長になったと思われますので、やはり高須選手の身長が伸びたのは遺伝かもしれませんね。

高須大雅の体重が軽すぎてヤバイ

長身の高須選手ですが、体重が72kgとやや細身の体形をしています。

ボールに体重を乗せることで重い球を投げることができるといわれていますので、さらに体重が増えると今以上に威力のある球を投げ込めると思います。

また、投球フォームはとても柔軟性があり、腕をしなるように振っています。

その要因としては小学校の6年間、野球の傍ら水泳をやっていたことによるもののようです。

肩周りや二の腕・上腕など水の抵抗をかき分け泳いでいくことで関節がとても柔らかくなったのかもしれません。

スポーツ選手にとって体重を増やすために、食べることも大事な訓練ですので今後は高須選手ももっと体重を増やしていかれると思います。

高須大雅の両親は元アスリートだった

高須選手の父親である俊孝さんは元野球選手であるとともにサッカー選手でもありました。

野球とサッカーどちらかだけが得意なパターンが多いですが、どちらもできるというのはあまり聞いたことがありません。

それというのもサッカーは「下半身」野球は「上半身」をおもに使って活動するからです。

そして母親である理恵さんは元バスケットボール選手でした。

このように両親ともにスポーツ選手であったことから、高須選手の運動神経の良さは遺伝なのではないかといわれています。

目次
閉じる