スーパードライの味が変わった?2022フルリニューアル前と比較や感想も!

アサヒビールの主力ブランドである「アサヒスーパードライ」。

2022年2月に中身やパッケージなどがすべて変わってしまい、味も変わったのかと話題になっています。

今回はビジュアルや中身も一新したスーパードライの味が

  • どんな味なのか?
  • 味は変わったのか?
  • 美味しくなったのか?

など世間の感想やレビューをまとめました。

目次

アサヒスーパードライが2022年すべてを一新!

1987年3月の発売以来、アサヒビールの主力ブランドとして圧倒的な売り上げを誇ってきた「スーパードライ」

発売からこれまで大きなリニューアルは行われていませんでした。

売れている商品に手を加えるのはさすがに難しいところがあるからだと思います。

それが36年目の2022年2月ついにパッケージや中身をフルリニューアル(一新)したのです。

アサヒビールに決断もすごいのですが、消費者はさらに驚き戸惑っている様子なのです。

アサヒスーパードライが全面刷新で味が変わったのか?

アサヒスーパードライがフルリニューアルして最も気になるのは「味が変わった」のかどうかだと思います。

スーパードライは過去にも小さなリニューアルはありましたが、その時にも様々な感想やレビューが挙がっていました。

愛飲家の方の声を拾ってみたところスーパードライの味が変わったという意見を多くみかけました。

ただそれらの多くは悪い方でなくむしろ良い方、おいしい方に変わったというものでした。

またどんな味なのかについては、「苦みやキレというものより麦芽の甘さを感じるようになった。」

といった感想を投稿されている方もいらっしゃいました。

ビールはあの苦みがいいんだ、という人もいますが、特に若い方にはあまり受け入れられない傾向にあるようです。

スーパードライが一新に対するレビューや感想

ご愛飲者の声

長年私はスーパードライだけを晩酌の御供としてきました。

今回一新されたスーパードライはこれまでと全く異なるものになるのではないかととても不安だったんです。

今でも売れ続けている商品をなぜ変えようとされるのか疑問に思ったのですが、より一層良いビールを作りたいというアサヒさんの想いがあったのでしょう。

新しいスーパードライを手に取る時にはなんだか怖いような、うれしいような複雑な気持ちになりました。

リニューアル前の愛飲者の声

スーパードライは味を変える必要があるのかな。

ジョッキ缶という物も存在しているし。

スーパードライがなくなるってことか。

新しいの飲んでみないとわからんが、がっかりさせないでくれよ。

スーパードライがリニューアルする前の消費者の意見は、不安な感じのものが多かったですね。

これまで気にいってたものが変わることで、逆に気にいらないものになってしまうのでは、といったマイナス要素が強く働くからではないかと思います。

目次
閉じる