中西麻耶の義足の値段やメーカーは?競技用の特徴は何が違うの?

パラリンピック陸上走り幅跳び代表選手である義足ランナーの中西麻耶さん。

女優としてテレビCMに出演されたりと、競技以外でも活躍されています。

そんな中西さんが付けている義足について値段などがきになりませんか。

この記事では中西さんの義足の価格やブランド、通常の義足との違いなどについて調査してみました。

目次

中西麻耶の義足の価格はいくら?

スポーツ用の義足の始まりは1984年で、板バネという仕組みを採用することで使用できるようになりました。

競技用義足の値段については「20万円~60万円」とかなり高額になります。

しかもカーボン繊維を使用している板バネはわずか1~2年で反発性が悪くなるため、その都度交換する必要があるんです。

中西さんは走り幅跳びの選手ですから板バネもかなり強力なはずです。

ですので中西さんの義足は60万円くらいかそれ以上のものではないかと思います。

スポーツ義足の種類は水泳・陸上など競技によってその構造が違ってきますので、その種類は数えきれないほど存在することになります。

しかしこの競技用義足ができたことで、それまでスポーツをしたくてもできなかった人たちに希望を与えることになってんです。

中西さんも不慮の事故で右足のヒザから下を失ってしまいました。

高校時代はソフトテニスの選手として全国大会に出場するほどの実力者だったので、スポーツができないのはとても辛かったと思います。

中西麻耶の義足のブランドはどこ?

パラ陸上選手が使っている競技用義足ですが、国内ではなく海外のメーカーを使っている選手がほとんどのようです。

海外競技用義足メーカー

  • オズール社(アイスランド)
  • オットーボック社(ドイツ)

中西さんの義足ですがアイスランドのオズール社であることがわかりました。

世界でも有数の技術を誇り業界を牽引するアイスランドの義足メーカーOssur (以後オズール社)が2020年の東京オリンピックに向けて2名の日本人パラリン陸上選手である中西麻耶選手と井谷俊介選手がプロダクト契約を結びました.

government of iceland

中西さんはオズール社に所属しているアスリートだから必然的にオズール社の義足を使われているんですね。

競技用と普通の義足は何が違う?

競技用義足と普通の義足は何が違うのか気になりますね。

競技用義足は激しい動きに耐えなければいけませんので、頑丈でなければいけません。

ですから普通の義足と比べると「材質」「構造」「値段」などに違いが産まれてくると思います。

また競技用義足でも競技の種目によってさらに違いがありますので、かなりシビアなものとなってくるようですね。

普通の義足では装着して歩けるようになるまで2~3ケ月かかるそうですが、競技用義足を装着して走れるようになるまでは2~3年かかるといわれています。

やはりそれだけ難しいという事なんですね。

健常者からすれば歩いたり走ったりするのはごく当たり前のことですが、障害を負った人にとってはそれがとても大変なことであることを痛感します。

それでもスポーツをしたいという信念がその困難に立ち向かわせているんでしょうね。

目次
閉じる