長岡花火大会2022に屋台はある?種類や値段についても調査!

長岡花火大会2022が、令和4年8月2日、3日に開催されます。

花火大会では花火はもちろん楽しみですが、もう一つの楽しみとして屋台での飲食がありますよね。

今回は2022年長岡花火大会の露店について

  • 屋台はあるのか?
  • 場所はどこか?
  • 種類や値段は?

これらについてまとめてみました。

目次

長岡花火大会2022年に出店はある?

長岡花火大会に行く一番の目的は、花火を見て楽しむことです。

その次の目的として、普段食べれないような屋台での飲食ではないでしょうか。

長岡花火大会では、屋台があるのかどうか調査してみました。

そうしたところ、花火会場内には屋台はありませんでした。

会場内では規制が厳しくされていて、屋台や露店などを出せない決まりになっているようです。

しかし、長岡花火大会会場までの道すがらには、様々な屋台が並んでいます。

花火大会会場近くにあるイオンの駐車場に、30くらいの露店が店を出されているという情報がありました。

子供だけでなく、大人でもお祭りで、いろんな屋台で美味しい食べ物を食べるのが楽しみですからね。

長岡花火大会2022の屋台の場所はどこ?

花火大会会場近くの、河川敷にたくさんの屋台が並ぶという情報もありました。

キッチンカーで販売されているところもあるかもしれませんね。

こちらのツイートにありますように、花火大会会場に行くまでの途中に屋台があって、そこで食べ物を調達されているようでした。

萬代橋付近に花火を眺めながら、食べれる屋台もあったようです。

屋台でお酒をのみながら、美味しい食べものを食べて花火を見るなんて、想像しただけでも興奮してしまいそうです。

長岡花火大会2022の露店は何がある?値段についても!

長岡花火大会の露店ではどんな食べ物や飲み物が売られているのでしょう。

一般的に屋台で売られている飲食物としては、

  • からあげ
  • かき氷
  • 焼きもろこし
  • わたあめ
  • やきそば
  • イカ焼き
  • たこやき
  • アメリカンドッグ
  • りんご飴
  • ビール
  • ジュース
  • やきとり
  • フランクフルト
  • お好み焼き
  • チョコバナナ

これらの食べ物や飲み物があります。

こちらは長岡花火大会の屋台の様子です。

鉄板の上でお好み焼きのような物を焼かれています。

やきとりやイカ焼きそれに、まで焼かれて販売されている屋台もありました。

魚を焼いて販売されているのはわりとめずらしいのではないでしょうか。

色鮮やかなジュースは、子どもたちの目を引きますね。

そして大人の楽しみであるビールは欠かせない屋台の存在です。

若い方には特に人気が高いクレープの屋台もありました。

長岡花火の屋台の中でも人気なのが、こちらのツイートにあります「ぽっぽ焼き」です。

別名蒸気パンとも呼ばれています。

どうやら新潟県民のソウルフードだということですから、地元に根付いた食べ物なんですね。

気になる屋台の食べ物や飲み物の値段についてですが、お祭り会場などではわりと高めで売られています。

おそらくですが、300円~600円くらいのものが多いのではないでしょうか。

なかには1000円くらいするものもあるかもしれませんね。

ただ花火大会という雰囲気の中で、食べるからこそおいしいと感じる一面もあります。

目次
閉じる