カムカムエヴリバディのロケ地(撮影場所)はどこ?岡山・京都・大阪まとめ!

昭和の商店街が描かれているカムカムエヴリバディを見ると、その世代の方にはとても懐かしいことだと思います。

ドラマを見ていると人情味あふれる昭和の風景をとても身近に感じられ、思わずその場所に行きたいと思われる方もいるのではないでしょうか。

そこで実際にどんな場所でロケ地で撮影が行われたのか、参考にしていただければと思い、岡山・大阪・京都それぞれのロケ地についてまとめてみました。

目次

カムカムエブリバディ岡山ロケ地の目撃場所|岡山県総合グランド

岡山県での撮影場所として目撃情報があるのは、岡山県総合グランドです。

岡山県北区いずみ町2-1にあり、野球場・体育館・陸上競技場・テニスコート・弓道場・遺跡&スポーツミュージアムなどを備えたスポーツ施設になります。

岡山県総合グランドにある体育館はジップアリーナとも呼ばれていて、岡山県を本拠地にしているバレーボールチーム岡山シ―ガールズの本拠地でもあります。

敷地内では秋には紅葉が見られるそうなので、カムカムエブリバディの放送シーンにもそうした場面が登場するかもしれませんね。

岡山県総合グランドの最寄り駅はJR岡山駅になります。

上白石萌音さんや松村北斗さんが訪れた場所に行って見たい方もいるのではないでしょうか。

もし行かれる場合の参考に岡山駅から総合グランドまでは、徒歩ですと約13分、車ですと約7分で行けますので上記ルートを参考にしていただければと思います。

カムカムエブリバディ岡山ロケ地の目撃場所|旭川河川敷

次に岡山県での撮影場所として目撃情報があったのは、旭川河川敷付近でした。

岡山県岡山市中区国富1254の場所にある旭川河川敷は、バーベキュー・キャンプ・家族で遊べる水辺など自然を満喫できる素敵な場所です。

旭川河川敷付近では上白石萌音さんを目撃された方がいらっしゃったようですね。

偶然来られて上白石さんに遭遇されたのかもしれませんが、そうそうドラマの撮影現場に出会うことはありませんので幸運の持ち主さんだったのでしょう。

岡山での目撃情報を知った松村北斗さんのファンの方からは、近くにいたのに見れなかったくやしさがにじみ出ている投稿をされていました。

カムカムエヴリバディの撮影が行われた旭川河川敷へは、岡山駅から上記ルートを通ると車で約10分で行けます。

また、岡山には路面電車が走っていますので、岡山駅から路面電車に乗り換えて小橋駅まで約10分、そこから徒歩で約8分の場所になります。

案外岡山駅から近い場所になるようですので、観光がてらに散策してみるのもいいかもしれないですね。

カムカムエヴリバディ岡山撮影場所の目撃情報|後楽園

岡山県の観光名所である後楽園でも撮影されていたようです。

後楽園の所在地は岡山県北区後楽園1-5になります。

後楽園が住所名になっているってすごいです。

目撃情報によりますと昼間の撮影だったみたいなので、後楽園の夜の幻想的な景色は見れないかもしれませんね。

ちなみに撮影されていた外苑への入場は無料で入れるそうです。

岡山後楽園へは岡山駅から車で約9分で行けます。

路面電車ですと岡山駅から後楽園まで約16分かかるようで料金は100円で行けます。

日本三代庭園の一つである岡山後楽園ですので、一度は訪れてみたい場所ではないでしょうか。

カムカムエブリバディ京都撮影場所の目撃情報

京都での撮影は時代劇などでよく使われている太秦(うずまさ)で行われているようです。

主人公の橘安子は和菓子店「たちばな」で生まれたのですが、ドラマの中の設定では場所は岡山ですが撮影されているのは京都の太秦なのですね。

太秦撮影所で和菓子の監修をされたのが大阪府松原市に店舗を構える御菓子司吉乃屋 松原店さんです。

吉乃屋 松原店さんのインスタグラムにその報告があがっていました。

吉乃屋 松原店の所在地は「大阪府松原市阿保3丁目1ー27」になります。

地図で見ると下記の場所になります。

最寄り駅は近鉄南大阪線の河内松原駅になり、そこから徒歩で約6分ほどの場所になります。

  • 営業時間:9:00~19:00
  • 定休日:水曜
  • 駐車場:あり

カムカムエブリバディの放送が始まる一足先に吉乃屋松原店にいって、お菓子の味見をされるとそれと同じものがドラマの中でも出るかもしれませんよ。

カムカムエブリバディ大坂ロケ地の目撃情報|富田林寺内町

大阪での撮影は富田林寺内町 杉山家住宅で撮影されていたとの目撃情報がありました。

杉山家住宅ということは個人のお宅を借りてロケを行われたということなのでしょうか。

富田林寺内町には江戸時代から昭和初期の街並みが残っていて、大阪府内唯一の「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されているんです。

また、同地区には古民家カフェや雑貨店が多く存在していますので、昭和の雰囲気を味合うには最適な場所だったと思います。

カムカムエブリバディ滋賀撮影場所の目撃情報|東近江市大城神社

カムカムエヴリバディの撮影は当初、岡山・京都・大阪といわれていましたが、どうやら滋賀でも撮影が行われていたようですね。

滋賀県では大城神社(おおぎじんじゃ)でロケされていたとの目撃情報がありました。

大城神社は滋賀県東近江市に鎮座し、近江商人ゆかりの地として国重要伝統的建造物群保存地区に選定されている、五個荘の総鎮守とされる神社です。

この近くの弘誓寺ではるろうに剣心の撮影も過去には行われたそうなので、時代背景を演出するのに最適な場所が滋賀県には多くあるようです。

大城神社所在地は「〒529-1405 滋賀県東近江市五個荘金堂町66」です。

大城神社へのアクセス方法としては、近江鉄道本線の五箇荘駅から徒歩で約20分で行くことができます。

もっと歩く距離を少なくしたい方は、最寄りのバス停が五箇荘循環線の文化学習センター前バス停になりますので、そこから徒歩約3分で行くことができるようです。

ロケ地を訪れて撮影シーンをイメージしながら雰囲気を味合うのも貴重な経験になりますので、一度は試してみてもいいのではないでしょうか。

カムカムエヴリバディ商店街撮影場所(予想)はどこ?

カムカムエヴリバディの中では昭和の商店街といった設定で物語がすすんでいくことと思います。

もちろん京都の太秦での撮影もあるのでしょうが、それ以外の場所での撮影もあるのではとも考えられます。

そこでロケが行われたかもしれない商店街を独自の目線で岡山・京都・大坂、それぞれの場所で予想してみました。

岡山県倉敷市玉島通り町商店街

カムカムエヴリバディに出てくる商店街の撮影場所として、岡山でしたら倉敷市玉島の通町商店街かもしれません。

ツイッターの投稿にもありますようにまるで過去にタイムスリップしたかのような、昭和感あふれる街並みです。

玉島は江戸時代の初めに港が開かれて港町として栄え、問屋や船着場などノスタルジックな街並みで玉島で最も古く長く続く商店街なのです。

大坂天王寺区阪和商店街

大阪駅、京都駅に次ぐ第三位の利用者を誇る天王寺駅。

そこからわずか徒歩1分の場所にあるのが阪和商店街です。

昼間でもうす暗くまるで映画の撮影のために作られたような現代空間は、まさに昭和レトロ感にあふれています。

カムカムエヴリバディのドラマの中で出てくる雉真繊維(きじませんい)は、軍服を作っているという設定になっているようです。

大坂の船場は明治初期に軍服を作っていたことから、船場が一大繊維街となりました。

さらには松村北斗さんが務める雉真繊維の息子雉真稔は大阪の大学に通っていて、世良公則さんがマスターのジャズ喫茶にも通っているという設定になっています。

そうしたことから阪和商店街がロケ地となった可能性も考えられるのではないでしょうか。

京都東山古川町商店街

京都の昭和レトロ感がある場所としては、東山にある古川商店街があります。

京都が舞台のサスペンスドラマの撮影などでもおなじみのところでもあるようです。

古川町商店街では昭和レトロ感を醸し出すように、カラフルなランタンがそこかしこに飾られています。

日本の古き良き時代を思い起こさせてくれる京都の街並みも素敵ですので、こちらで撮影が行われたかもしれませんね。

目次
閉じる