イチローが指導(2021)する残り2校の高校候補はどこ?広陵高校か?

元メジャーリーガーのイチローさんが国学院久我山高校へ野球指導のため来校され話題となっています。

ニュース記事では年内に残り2校を訪問する予定であるとされ、さらに注目を集めているようです。

今回は2020年に訪問された1校目が智辯和歌山高校、2校目が国学院久我山高校、そして3校目、4校目の候補はどこななのか調査してみました。

目次

イチローが指導(2021)する3校目・4校目の高校候補はどこ?

イチローさんは2020年には智辯和歌山高校を訪問し高校生たちに野球の指導をされました。

その智辯和歌山高校はその甲斐あって2021年夏の甲子園で見事に優勝を果たされています。

2021年は国学院久我山高校を電撃訪問され野球の指導をされ、最後には3年生と記念撮影までされたようです。

さらに、年内にはあと2校の高校を訪問する予定であることがわかっていることで、いったいどこの高校に行かれるのかが注目されています。

そこで残り2校について調査してみたのですが、今のところどこの高校なのかわかっていません。

SNSでもどこの高校なのか気になってる方が多いようです。

広島の強豪校である広陵高校にも来てほしいという声もありました。

東北勢は甲子園で優勝経験がないらしく、東北地方の高校へ来てほしいという声も挙がっていました。

いずれにしてもスーパースターのイチローさんですから、全国の高校が来てほしいと願っていることでしょうね。

【追記】

イチローさんが2021年に2校目として訪問した高校は千葉県の千葉明徳高校だと判明しました。

2021年に最初に訪問した高校は東京の国学院久我山高校でしたが、本来は最初に訪問指導をしよと決めたのは千葉明徳高校だったとイチローさんが言っていました。

2020年の智辯和歌山高校から数えると3校目の訪問指導ということになります。

イチロー指導第2弾は国学院久我山高校を訪問

2021年11月29日、イチローさんは東京都の国学院久我山高校野球部を訪れ、指導を行われました。

きっかけは野球部員がイチローさんに指導を熱望する手紙を送ったことでした。

午後3時過ぎにグランドに現れたイチローさんは午後6時半ごろまで熱血指導をされたようです。

ナイター練習終了後は最後まで残っていた野球部の3年生と記念撮影をされ、「またどこかで。ありがとう」といって学校を後にされました。

素晴らしい指導を受けた国学院久我山高校は2022年の春の選抜出場がほぼ確定とのことですので、甲子園での活躍が期待されます。

イチロー指導2021第2弾の世間の反応

「羨ましいな~」それが多くの方の率直な意見だと思います。

あのスーパースターを目の前で見れるだけでなく、直接指導までしていただけるんですから、そりゃー誰だって羨ましく思いますよ。

「キャッチャーが見逃したと思ったらバットが出てくる。」

なんじゃそりゃーって感じですね。

たしかに野球部の生徒だけでなく親や学校の先生方もめちゃくちゃ興奮されたことでしょうね。

目次
閉じる