生駒どんどこまつり花火大会2022の混雑・渋滞状況は?交通規制も調査!

第21回いこまどんどこまつり「納涼花火大会」が、令和4年8月6日(土)に開催されます。

多くの来場者が訪れ賑わう、人気のお祭りです。

そのため会場やその周辺や様々な場所で、混雑することが予想されます。

今回は生駒どんどこまつり2022年の気になる

  • 混雑・渋滞状況
  • 交通規制・通行止め情報
  • 臨時駐車場情報

これらについてまとめてみました。

目次

第21回いこまどんどこまつり納涼花火の混雑や渋滞はどこで起こる?

生駒どんどこまつりの開催に伴い、会場周辺や様々な場所で混雑が予想されます。

具体的にどんな場所で混雑するのか、道路の渋滞はどこら辺で起こるのか、それらについてSNSを中心に調べてみました。

生駒駅や周辺の混雑

こちらは2018年の生駒どんどこ祭り開催時の、近鉄生駒駅の様子です。

生駒駅から会場までは、徒歩で約10分の距離になります。

夕方に時間帯でありますが、すでにすごい人が生駒駅にいらっしゃいます。

帰る時間にもよりますが、20時過ぎにはかなりの混雑となりますので、あらかじめ帰りの切符を買っておくようにしましょう。

生駒どんどこまつりでは、8月6日(土)に20時~20時15分まで花火が打ち上げられます。

そのため、花火を見終わった人達が一斉に帰路につくこととが予想されます。

20時15分前後から会場周辺の道路や、生駒駅までの道路が混雑することは間違いなさそうです。

道路の渋滞

花火の打ち上げは、高山竹林公園・生駒市体育協会高山SC・むかいやま公園の3ケ所になります。

これらの会場周辺の道路では、会場まで足を運ばずに花火が見れる場所に車を止める方がいらっしゃると思います。

それにより渋滞が発生するのではないかと考えられます。

生駒どんどこ祭り花火大会2022の交通規制や通行止めの道路はどこ?

どんどこまつりの来場者に限らず、周辺住民の方にとってもお祭り開催時の交通規制は大事になります。

約束の時間に間に合わなかったり、思わぬ渋滞にはまって予定変更を余儀なくされることがあります。

生駒どんどこまつり2022の交通規制について調べてみました。

どんどこまつりの公式ページを閲覧したのですが、交通規制に関する情報が見当たりませんでした。

どんどこまつりで花火が打ち上げられる会場は、

  • 高山竹林公園
  • 生駒市体育協会高山SC
  • むかいやま公園

こちらの3ケ所となっています。

これらの会場に隣接している道路では、花火大会開始時間の1時間前くらいから終了までの間、交通規制が行われるのではないかと考えられます。

いこまどんどこ祭納涼花火大会2022の臨時駐車場はある?満車で停めれないを避ける方法は?

生駒どんどこまつりへ車でアクセスを考えている方は、駐車場の確保は欠かせない問題です。

そこで会場周辺に臨時駐車場の用意があるのか調べてみました。

残念ながら、生駒どんどこまつりでは、駐車場は用意されていませんでした。

会場周辺の有料駐車場をご紹介しておきます。

生駒駅南自動車駐車場

  • 所在地;〒630-0256 奈良県生駒市本町3−3
  • 収容台数:199台
  • 料金:最初の1時間/200円 以降30分/100円
  • 営業時間:7:30~22:30
目次
閉じる