バッハ会長の来日(7/12)宿泊ホテルはどこ?過去の要人はどこに泊まった?

IOCのバッハ会長がオリンピック開催の10日前になる7月12日に来日されます。

IOCのトップであるバッハ会長だけに相当豪華なホテルが用意されているのではないかと思われます。

今回の記事ではバッハ会長の宿泊ホテルはどこで、料金はいくらなのかなどについてまとめてみました。

目次

バッハ会長の2021年来日宿泊ホテルはどこ?

バッハ会長がどんなホテルに宿泊されるのかとても気になるところです。

宿泊ホテルの候補としてあがってるのは次の4つのホテルです。

  • The Okura Tokyo
  • ANAインターコンチネンタルホテル東京
  • ザ・プリンス パークタワー東京
  • グランドハイアット東京

これらの5つ星ホテルのどこかに泊まる可能性が高いようです。

The Okura Tokyoのスイートルームですと1泊泊まるだけで300万円という驚きの料金なのです。

ちなみにスイートルームはこんな感じのお部屋になります。

こんな部屋にいると自分が高貴な人間にでもなったみたいに変貌してしまいそうでまるで別世界です。

300万円といったら庶民の年収に相当する金額ですので、たった1晩でその額を費やすなんてちょっと常軌を逸している気がします。

しかし個人的に意見を言わせてもらうなら選手が滞在する選手村に宿泊するのがいいのではないかと思います。

IOC会長だからといって特別扱いをされるのでなく、選手と同じ目線でオリンピックをみてほしいという願望があります。

要人が過去に宿泊したホテル

来日した要人の多くが宿泊したホテルとしては帝国ホテルがあります。

トランプ元大統領が2017年に来日した時は帝国ホテルに宿泊されましたし、同じ2017年にアラブの石油王達も帝国ホテルに宿泊しています。

それというのも帝国ホテルは日本の迎賓館として1890年に開業していますので、外国の要人を迎えるのにふさわしいホテルなのだと思います。

帝国ホテルを含めてホテル御三家と呼ばれる中には、The Okura Tokyo(旧ホテルオークラ)やホテルニューオータニがあります。

The Okura Tokyoは帝国ホテルを超えるホテルというコンセプトのもとに開業しましたし、ホテルニューオータニは東京オリンピックのために開業したホテルなんです。

そういう意味からするとオリンピックに関係しているホテルニューオータニがオリンピック関係者の宿泊先であっても良かったのではないかと思います。

バッハ会長2021年来日宿泊ホテルに対する世間の反応

IOCの規定によりますとどんな高級なホテルに宿泊してもIOC側の負担は約4万円ほどでいいらしいのです。

もっともそんな高級なホテルに宿泊しなければならないのか、誰もが疑問に思うのではないでしょうか。

宿泊代の差額分は日本側が負担することになっているのも不思議な感じがしませんか。

そのことに対して多くの方がかなり不満を持っていることが投稿されてるコメントからうかがえます。

目次
閉じる